今月の言葉

 
「明日からやろう」と40回言うと 夏休みは終わります。
 
「この身今生において度せずんば 
 いずれの生においてか 
 この身を度せん」(三帰依文)
 
「宗教は、なぜ必要なのか」
  そう問う人にこそ
  宗教は必要である。(西谷啓治)

坊守のつぶやき 9号

 
 私が中・高校生の頃「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」が放送されてました。その中で、個性的な役をこなし、人気者だった樹木希林さんが、先日お亡くなりになりました。気になっていた女優さんでしたので、淋しいです。
 生前話されていたことが、テレビで注目されていましたが、聞くとハッとし、なるほどと思う言葉がありました。
―生きるのも死んでいくのも、どちらも日常。生きることは良いことで、死ぬことは悪いこと、というのではないと思うのよねー
 これを読んで私は、*清沢満之氏の言葉を思い出しました。
《生のみが我等にあらず。死もまた我等なり。我等は生死を共有するものなり》
生があれば死もある。それがいつ来るかは誰にも分からないけれど、死は隠すものでは無いと思う。死があることを自覚してれば、今の生の在り方を問うことができるでしょう。私は“ちゃんと生きてるのかなあぁ〜”って! (*明治期に活躍した大谷派の教学者)

 もう一つの言葉は、
―やったことがほんのわずかだもの。やり残したことばっかりでしょう、きっと。一人の人間が生まれてから死ぬまでの間、本当にたわいも無い人生だから、大仰には考えないー

 
人間関係でクヨクヨして、些細なことも深読みして気疲れして…‥ もっと頭をシンプルにして、大仰に考えるのはやめよう。なるようにしかならないし、悩んで引きこもっている時間も、お日さま浴びて笑っている時間も一緒なら、笑って生きたいわ。

そんなもんでいいんじゃない、全て生きてる証拠だもの!
 
 
坊守のつぶやき 目次へ